ヘッジを考えたスワップ運用、マイナー通貨のスワップ運用などいろいろ思考錯誤してます♪目標は時間に追われないストレスフリーな生活!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXオンラインでEUR/DKKのスプレッドが縮小!

FXオンラインジャパンでEUR/DKKを高レバレッジで運用しています。
最近FXオンラインでスプレッド縮小の動きがあり、ドル/円は0.9銭~と縮小されました。
それに伴い、EUR/DKKのスプレッドも最小20pipsだったのが、最小15pips/標準20pipsに変更されました。

これは本当にうれしいニュースですよね。
FXオンラインは高レバレッジでEUR/DKKが運用できる貴重な業者ではあったのですが、スプレッドが他の業者と比べると若干広かったのがネックではありました。
わずか5pipsですがスプレッドが縮小されたのはうれしいことです。

スプレッドの差をスワップで埋めるまでの日数が短くなりますし、レートが低下して決済するときもスプレッドが低いほうがいいに決まってます。
あとは安定してスワップを供給してくれればいうことなしです。

現在FX業界ではレバレッジ規制の話で持ちきりですね。
どうやら25倍というレバレッジがすでに決定事項になっていて、そこにどうやって持っていくかの出来レースのような気もします。
個人的にはレバレッジ規制よか、これだけ普及したFXの税金をちゃんと決めて簡単に納税できるようにしてほしいところです。
ただレバレッジ規制はすぐにではなく、1年・2年といった猶予期間があるようなので注視しながら対策を考えるほかないですね。


   ↑
口座開設し入金・取引で最大11000円のキャッシュバック!ハイレバレッジでEUR/DKKを運用するなら一番のおすすめ!
スポンサーサイト

EUR/DKK*5月第5週のスワップ収入

EUR/DKK(ユーロ・デンマーククローナ)で高レバレッジでのスワップ目的の運用をしています。
5/13日からはじめまして、5月が終わろうとしています。
一時期かなりレートが低くなりましたが、月末にずいぶんレートが戻りましたね。
いまから思えば一部決済しておくべきかとも思いますが、あとの祭りです。

来月6/4にはECBの政策金利の発表があります。
予想はユーロ圏の金利据え置きですが、据え置いた場合にデンマークも同様に据え置くのか?
もしくは金利差縮小の方向へ動くのか
もちろん希望は金利差0.65%の維持ですが、これは私たち個人がどうあがいても変わるものではないので、現実を冷静に受け止めたいと思います。
さすがに今回で金利差ゼロなんてことはまずないとは思いますので・・・

そろそろEUR/DKKの売りましを考えています。
7.45で指値していますが、7.448くらいでもほしくなって来ました。
金利差維持になってそれなりのレートになれば売りましするつもりです。

現在のEUR/DKK保有ポジション
7.44755 5/13 10万通貨
7.44805 5/13 10万通貨
7.44510 5/19 10万通貨
*****************************
合計   30万通貨

EUR/DKK*5月第5週のスワップ収入
5/24(日) 0円
5/25(月) 531円
5/26(火) 534円
5/27(水) 534円
5/28(木) 2115円
5/29(金) 0円
5/30(土) 0円
*****************************
合計  3,714円  
スワップ収入累計 8,768円

2009年5月のスワップ収入 8,768円


   ↑
口座開設し入金・取引で最大11000円のキャッシュバック!ハイレバレッジでEUR/DKKを運用するなら一番のおすすめ!


ドルベック制通貨USD/HKDをFX ONLINEでハイレバレッジ運用!

USD/HKD(ドル香港ドル)はドルベック制を採用している通貨なので、為替変動レートが固定されていることで、為替変動リスクがほぼないことは理解出来たと思います。

で、この為替変動のすくないUSD/HKD(ドル香港ドル)をどうやって効率的に運用するかになるかと思います。
まず現状のUSD/HKD(ドル香港ドル)ですが、レートは7.7520あたりでスワップは微妙にプラスという業者が多いようです。
つまり現在の状況であればスワップ目的+為替差益の両方を狙えるような好条件の状態です。

スワップ目的ならば、スワップ金利の多い業者を選べばいいでしょうし、為替差益を重視するならばスプレッド(買いと売りのレートの差)が小さい業者を選ぶのがいいでしょう。

ですが1つ考慮したいのが、
USD/HKD(ドル香港ドル)のようなレートが決まっている通貨で、なおかつ現在のようにレートがほぼ下限にある場合、

レート下落による為替損益<証拠金

となることが多いです。
となると出来るだけ証拠金が少なくできる業者が有利になります。
そうすると、おのずと業者は決まってきます。

その業者はFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)です。
通常は証拠金は1パーセントなのですが、ストップを指定することでUSD/HKD(ドル香港ドル)を1万通貨が証拠金1000円ほどで保有できます。
他にも取り扱っている業者はたくさんありますが、証拠金は最低でも1%は必要のようで資金効率を考えるとFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)しか考えられない状況です。

usdhkd1.jpg
写真はFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)でUSD/HKD(ドル香港ドル)を1ロット(10万通貨)の注文画面です。
10万通貨で証拠金額は約10000円ですので、1万通貨では1000円です。
ストップも40pipsあり、7.7480までレートが下がっても大丈夫。
レートは7.75までなので、一時的に下ヒゲが出ても7.7480なら安全圏です。

USD/HKD(ドル香港ドル)を1万通貨購入するにはドル円のレートが98円ほどなので、98万円。
98万円のポジションを1000円で保有できるので、レバレッジ980倍。すごいことになっています。

しかもいいことにFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)ではUSD/HKD(ドル香港ドル)の買いスワップが微量ながらプラスです。
これは運用しないほうがリスクかもしれないですね。

USD/HKD(ドル香港ドル)のレートが変動レート内のほぼ下限で、1万通貨が証拠金1000円程度でポジションがとれ、なおかつスワップもプラスというなかなかない好条件です。

しかし不安な点もあります。
FX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)でこの驚異的なレバレッジ運用がいつまでできるかです。
ちまたではレバレッジ規制の動きもありますし、やはりFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)での運用も期間限定のようですね。

私はFX ONLINE JAPAN(FXオンラインジャパン)でEUR/DKKのスワップ運用を始めましたが、USD/HKDでもスワップ運用+為替差益の両方を狙っていきます。


ハイレバレッジでEUR/DKK,USD/HKDを運用するならFXオンラインが一番のおすすめ!

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!

ドルベック制通貨USD/HKD(ドル香港ドル)を運用する!

FXで資金を運用する場合、最大のリスクはやはり為替変動になろうかと思います。
たとえトルコリラやランドなどの高金利通貨でスワップを受け取っていても、2008年のような金融危機が起こると、スワップ益で為替損益を補うことは不可能です。

その為替変動のリスクが限られているのが、ベック制を採用しているドルベック制のUSD/HKD(ドル香港ドル)です。

ペッグ制とは、自国の通貨と米ドルなどの特定の通貨との為替レートを一定に保つ制度で輸出競争力を持たない多くの国がペッグ制を採用しています。
ドルとペッグしている通貨をドルペッグ通貨、ユーロとペッグしている通貨をユーロペッグ通貨と呼びます。

香港ドルはドルペッグ通貨なので、香港ドルと米ドルは値動きが連動しています。
そのため、USD/HKD(ドル香港ドル)はほとんどレートが動かないということになります。

香港金融管理局によると、USD/HKD(ドル香港ドル)トは、7.75~7.85に収まるように定められています。
つまりレートの下限が7.75と限られているため、為替変動リスクがありません。

usdhkd.jpg
ここ半年ほどのUSD/HKDのレートです。
最近はほぼ底値付近で推移しています。

EUR/DKK(ユーロデンマーククローナ)の運用の記事でも述べましたが、為替変動リスクが限られているということは、レート下限までの必要資金が計算でき、手持ちのお金で最大限のポジション構築が可能だということです。

例を挙げて見ると、ドル円が95円~100円の間でしか変動しないようなものです。
しかも現在(2009年5月)、USD/HKD(ドル香港ドル)のレートは下限付近の7.75辺りで推移しています。
ということは、損値のレートでたくさんポジションをもっていれば為替変動のリスクはありませんし、いずれはレートがあがるので、そのときに利益確定できます。
また買いでスワップがプラスであればスワップ益+為替損益の両方が狙えます。

USD/HKD(ドル香港ドル)のスワップは現在はゼロもしくはマイナスのところが多いです。
がプラススワップの業者もちらほらありますので、十分運用価値はありそうです。
やはり為替変動リスクがほぼないというのが、金融危機を乗り越えた人にとっては安心できますね。

ですがもちろんいいことばかりではありません。
リスクもたくさんあります。
第一に香港ドルがベック制を廃止した場合
第二に、なんらかの地政学的リスクが発生し為替レートが固定できなくなる場合
第三にマイナススワップが増大しポジションを保有するのが難しくなる場合

他にもリスクはあると思います。
ですが投資をすること自体、ある程度のリスクは覚悟しなければなりません。
その中で出来るだけリスクの少ない投資法を個人個人で考えて運用すべきです。

最後にこのUSD/HKD(ドル香港ドル)も未来永劫ずっと利用できる投資法ではないということです。
いつ香港ドルがベック制を廃止するかもわかりません。
期間限定の投資法と理解ください。
ですので、USD/HKD(ドル香港ドル)の運用が出来なくなった場合の別の投資法も日々研究しておきたいですね。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!

FX(外国為替証拠金取引)とは?

最近急速に普及してきたFX(外国為替証拠金取引)ですが、どういったものかご存知ですか?
私が始めてFXを知ったのは2004年頃。
株のデイトレードをしていたころに、株のブログをしていた方がFX取引もされていました。
実際にFXを始めたのは2006年頃からです。

もともとFXは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略です。
別に何も難しいものではなく、株などをされている方にはすぐに理解できると思います。
基本的には株などと同じように、「安く買って高く売る」ことで利益をあげる金融商品です。
ドル円などの為替の変動を予想してドル円を100円でかって105円で売ると、その差5円が利益になります。
あと株でもショートがあるように、高く売って安く買うことももちろん可能です。
株ではすべての株でショート(売り)は出来ないですが、FXではどの通貨(銘柄)でもショートができます。

FXはその名のとおりドルなどの外貨を買ったり売ったりする取引で、証拠金という名がついているとおり少ないお金で大きな取引ができるのがFXの特徴です。
ちまたではこの証拠金の少なさを規制するレバレッジ規制というものが浮上してきています。

例えばドル円が100円の時に、1万通貨のドルを買うとします。
その場合、100円×10000=100万円が必要になります。
でもFXの場合100万円も必要ありません。
FX業者にもよりますが、10万円いや1万円でも100万円分のドルが購入できます。
例えば100万円分の取引を1万円で行う場合、100分の1の資金で運用できることになります。
これを「こて」の原理でレバレッジといい、100分の1の資金で運用する場合はレバレッジ100倍なんて言い方をします。
100万円の取引をする場合に10万円の資金で運用する場合はレバレッジ10倍ですね。

株でも信用取引というのがありますが、信用取引だと30万の資金で100万円の株が買えるくらいですので、いわばレバレッジ3.3倍といった感じですね。

このように少ない資金で大きな取引ができるのがFXの大きな魅力の1つではありますが、それはリスクも大きいことを表しています。
例えばドル円が100円のときに、レバレッジ100倍でドル円を1万通貨買ったとします。
そのときの証拠金は1万円です。
1万円で100万円分のドルを保有していることになります。
ですが、為替レートは日々変動しています。
ドル円が100円から99円に円高(ドル安)になった場合、100万円のドルの価値は99万円になり1万円の為替損益が発生します。
現実にはドル円が99円になる前にFX業者の設定している条件で、強制決済されてしまいます。

為替レートが一日で1円動くことは普通にありますので、レバレッジ100倍というのはあまり現実的ではありません。
ただし株のデイトレードスキャルピングのように超短期トレードの場合は少ない資金で大きな取引ができるので、有効です。
株とちがってFXは同じ資金で一日になんどでも売買できますしね。
最近FX業界ではレバレッジ規制の動きが出てきています。
が実際にレバレッジ400倍とかを利用されているのは、FXでスキャルピングされている方ぐらいでしょうし、レバレッジは個人で管理するものなので規制の動きには反対です。

さてFXで利益を出す方法が大きく分けて2つあります。
1.為替差益を狙ったトレード
2.スワップ目的のトレード


1は、株のデイトレードやスイングトレードのようなもの。2は株でいうと株の配当を狙って株を保有しているような感じですかね。ちょっと違いますが。

株と違う点としては、基本的に手数料は無料で取引時間が株と比べて圧倒的に長いことです。
株の場合は平日で1日の前場・後場の4~5時間程度しかありませんが、FXの場合は土日以外は24時間取引可能です。

ですので、平日の昼間に時間が作れないサラリーマンでも取引ができるところも人気の一つのようです。
2のスワップ目的のトレードというのは、基本的に両国の金利差から生じるもので外貨を保有することで、日割り単位で毎日のように受け取ることができるものです。

スワップ目的のトレードはまた別の記事で詳しく紹介したいと思います。
FX(外国為替証拠金取引)は株と比べても有効な金融商品のようですので、始めてみるのもいいのではないでしょうか?

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
主要通貨・為替レート
外為オンラインブログパーツ
政策金利一覧表
fx
SAXO系スワップ金利
fx
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング
最新トラックバック
FC2カウンター
FX運用損益
2009年5月まで
マイナス250万ほど
2009年
5・6月+27,957円
7月+20,459円
8月+54,620円
9月+61,406円
10月+65,077円
11月+70,382円
12月+85,053円
合計+384,954円
2010年
1月+167,163円
2月+146,532円
3月+194,393円
4月+128,486円
5月+256,863円
6月+61,720円
7月+87,515円
8月+116,285円
9月+119,757円
10月+81,596円
11月+104,700円
12月+77,643円
合計+1,679,781円
プロフィール
こんにちは。「べっくせい」です。 30代半ばの♂です^^; FX暦は4年ほど。 2008年10月のサブプライム危機で壊滅的なダメージを受けました。損失額は約250万円。 絶望感に打ちひしがれましたが、2009年5月に仕事で貯めた資金約30万円で再スタート! 現在約200万円で運用!

Author:べっくせい
FC2ブログへようこそ!

おすすめFX業者一覧
FXブロードネット
1000通貨単位で手数料無料!スワップ金利も高水準!
手動トラリピには最適のFX口座!
5000円キャッシュバックもあり!
kakaku FX
RON(ルーマニアレウ)やRUB(ロシアルーブル)、MXN(メキシコペソ)などのマイナー通貨を含む150通貨の取引可能!
私のスワップ用メイン口座
DMM FX
最大レバレッジ50倍でスプレッドも業界最狭水準!
しかも最高水準のスワップポイント!
高金利通貨のスワップポジ+低金利メジャー通貨のヘッジ売り運用に最適!
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(メタトレーダー4)
1000通貨単位、手数料無料で取引可能!
EA(エキスパートアドバイザー)を利用すれば自動売買(自動トラリピ)も可能です!またEUR/DKKを含む42通貨ペアが取引可能になりました!
スポンサー広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

美女為替