ヘッジを考えたスワップ運用、マイナー通貨のスワップ運用などいろいろ思考錯誤してます♪目標は時間に追われないストレスフリーな生活!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月のFXのトラリピ・スワップ運用の結果は?

こんにちは、べっくせいです。
本日も訪問どうもありがとうございます。

私にはどうしても苦手なことがあります。
同じようなFX運用をされているブロガーさんの記事はほとんど読ませて頂いていますが、コメントをするのが非常に苦手です^^;
でもちゃんと応援はさせてもらっていますので、了承ください。

さて2010年もあっという間に1月が終わろうとしています。
1月のFXのスワップ運用・トラリピ運用の結果です。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!


■kakakuFXでのスワップ運用

まず現在のポジションですがこんな感じです。
1.CAD/TRY 4.0万通貨売り 
2.AUD/TRY 1.0万通貨売り 
3.NZD/MXN 3.0万通貨売り


さて12/31時点でのkakakuFXでの口座残高は932,388円でした。
先月末1/31現在での口座残高を確認すると827,046円です。
1月は20万円出金しています。

ですので12月の損益は(827,046円+200,000円)-932,388円=94,658円になります。

内訳を計算してみると
スワップ益           +20,639円
為替差益            +74,626円←1/15 EUR/RON 2.0万通貨決済
手数料(ミニマムチャージ)   -607円
***********************************************************
計                 +94,658円


EUR/RONの為替益が大きかったですが、日々のスワップは現在は500円~600円程度になっています。
気持ち的にもkakakuFXでのスワップ運用は消極的になっています。

現在残っているポジションも含み益が出るレートになればすぐに決済して、余分な資金は出金し他の運用を行いたいと思います。
またポジションを持つとすれば、EUR/RONが売り時のレートになってスワップも安定していればですね。


■ユーロ円の手動トラリピ運用


手動トラリピの運用状況
FX業者:FXブロードネット
使用通貨:EUR/JPY(ユーロ円)
注文間隔:50銭間隔で売り・買い両建て 決済も50銭に設定
想定レート:124円~134円
注文単位:1/11~15まで1000通貨、1/18から2000通貨単位
運用資金:40万円(現在30万円のみ入金して運用)


今月から始めた手動トラリピですが、こんな感じで運用方法が変化していきました。
1/4~1/10 豪ドル円のナンピントラップトレード
1/11~1/17 ユーロ円で1000通貨単位での手動トラリピ開始
1/18~ ユーロ円で2000通貨単位での手動トラリピ運用

収支を紹介すると
1/4~10  4回約定  +2,566円
1/11~17 21回約定 +10,685円
1/18~24 25回約定 +23,388円
1/25~29 33回約定 +35,866円
***********************************************************
計              +72,505円


スワップ運用と合計すると、167,163円となりました。


手動トラリピはレートが想定レート内で活発に動いてくれれば、すごいパフォーマンスを発揮します。
スワップ益とは効率が桁違いです。
ですが問題点もあり万能ではありません。
手動トラリピのデメリットは別の記事で紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

すでにユーロ円のレートが想定の下限に2円ほどと近づいており、今日も1日考えていましたがいいアイデアは思いつきませんでした。
レート下限に達したら、ヘッジ用の売りポジションを追加して放置プレイの予定です。
そうならないようにあとは祈るのみです^^;

■2月からの3ヶ月は、私にとって非常に重要な期間になります。
まずは焦って破産しないこと。
慎重に少しずつ前進して行きたいと思います。
2月も頑張りましょう!


【FXトレーディングシステムズ】のFXブロードネット
手動トラップトレードには最適と思われるFX業者です。私も使用中でキャッシュバックもありです!
スポンサーサイト

手動トラリピの弱点(デメリット)-その①

こんにちは。べっくせいです。
本日も訪問ありがとうございます。

あっという間に2010年も1月が終わろうとしていますね。
昨日はほんの少し春の空気を感じることができました。
はやくあったかい春が着てほしいものです。

さて今年の1月11日から本格運用しました手動トラリピですが、3週間ほどリアルに運用してメリット・デメリットがよくわかってきました。

FXで生き残るためには大きな損害をださないこと。たくさん儲ける稼ぐことではないので、デメリットを紹介したいと思います。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!


まず私の運用している手動トラリピの運用状況です。
FX業者:FXブロードネット
使用通貨:EUR/JPY(ユーロ円)
注文間隔:50銭間隔で売り・買い両建て 決済も50銭に設定
想定レート:124円~134円
注文単位:1/11~15まで1000通貨、1/18から2000通貨単位
運用資金:40万円(現在30万円のみ入金して運用)


思い当たる弱点はいくつかあります。

1.想定レートを外れてしまうとトラリピが全く機能しない。
私はユーロ円を運用してまして、想定レートを124円~134円に設定しています。
これはいけないことなのですが、手動トラリピを実際に開始するときは
「想定レートの上限や下限にいくのはどうせ数ヶ月先だろうし、それまでに確定益がたくさん出ているので考えなくていいだろう」
と思ってました^^;

ですが、実際には3週間で想定レートのほぼ下限に達したのです。
現在は少し戻していてホッとしてます。
じつは当初の想定レートは128円から138円でした^^; 途中で想定レートを変更したのです。
で急遽想定レートを外したときの対応策を考えたのですが、有効な方法が見つかりませんでした。
おそらく私が見つけられないのではなくてないのが実情です。

私の場合50pips間隔で、2000通貨単位で注文を行っています。
想定レートの上限・下限に言ったときの最大ポジションは約4万通貨の買いか売りのポジションになります。
平均レートはだいたい想定レートの中心で、私の場合は129円になります。
想定レートの上限・下限に達した時点で約20万円の含み損です。
それから1円レートが不利な方向にいくと4万円の損が増えていきます。

私はこの状況になったときに有効な対応策はいまのところわかりません。
今考えているのは例えばレートの下限(124円)になったときに2万程度の売り注文を行うことです。
そうすると、ポジションは買い4万と売り2万になり差し引き2万の買いポジションとなります。
こうすることで、さらにレートが下落しても含み損の増えるスピードが抑えられます。
これであとは急激な円高に耐えるのみです。
124円でうまく反転したことが確認できれば、2万の売りポジションを損切りして手動トラリピの再開です。

でもこの方法も有効かどうかよくわかりません。
リスクとして考えなければならないのはトラリピは想定レートを外れてしまうと、まったく確定益が出ない状況になりえるということです。
これが一番のデメリットでしょう。
またこれも運ではありますが、想定レートの端に来たときにどれだけ確定益を出せているかも大きな問題です。

資金に余裕のある人は、想定レートを自分の資金にあわせて広く取ればいいと思います。
でもトラリピを考えている方はそんなに資金的余裕はないでしょう

これ以外のデメリットは
2.常に含み損を抱えるようになり、含み損に耐えれる精神力が必要
3.手動トラリピなので、自分で注文を張りなおす必要がある。
4.確定益の出るペースは相場の動きによって変わるので、収益が安定しない(予想しずらい)


こういったことがありますが、話しが長くなったので次回の記事で紹介したいとも思います。

これから手動トラリピを始めようと考えている方、デメリットやメリット・リスクを良く考えて運用してください


【FXトレーディングシステムズ】のFXブロードネット
手動トラップトレードには最適と思われるFX業者です。私も使用中でキャッシュバックもありです!

ギリシャの財政問題は結構深いみたいです/手動トラリピはそれなり

こんにちは。べっくせいです。
本日も訪問ありがとうございます。

FXブロードネットでユーロ円の手動トラリピ運用と、kakakuFXでスワップ運用を行っています。
ユーロ円のチェックをすることがやはり多いのですが、手動トラリピを始めてから毎日下げているような感じがします
円高トレンドなのですが、ユーロはギリシャの財政懸念の問題も抱えていてダブルパンチです^^;

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!

私が手動トラリピを開始したのは1/11からです。
ユーロ円の4時間足を確認すると・・・・
eurjpy0129.jpg
ちょうど開始したタイミングで一直線に下げてます・・・(´・ω・`)ショボーン
でも底は近いと考えています。
円安トレンドカモン!
しかしこの下げトレンドでもかなりのパフォーマンスを見せる手動トラリピはさすがといえるかも?

あとギリシャの財政懸念の問題は結構根深いようです。
欧州連合の一員なんだから皆で助けてやってほしいものです。

以下ロイターの配信ニュースを抜粋
*****************************************************************************************
ギリシャの財務問題をめぐる市場の懸念が深刻化し、ユーロへの圧迫を強めている。28日終盤のユーロ圏金融・債券市場では、10年物のギリシャ国債と独連邦債の利回り格差は400ベーシスポイント(bp)を超えた。ギリシャ国債の保証料も過去最高水準となり、CMAデータビジョンによると、ギリシャのCDSスプレッド(5年物)は400.5bpに拡大した。欧州連合(EU)によるギリシャ支援を示唆する仏ルモンド紙の報道を受け、ギリシャ国債と独連邦債の利回り格差は一時縮小していたが、フランスとドイツがギリシャ支援を計画していないことを明らかにしたため再び拡大した。市場では「いずれ欧州域内でなんらかの支援がある」(国内銀行)との見方が強いが、具体化の見通しがたつまで混乱は続くとみられている。
 ギリシャの財務問題はさらに、横への広がりをみせている。10年物のポルトガル国債と独連邦債の利回り格差は127bpと、09年4月29日以来の水準に拡大した。ポルトガル国債のCDSスプレッド(5年物)は153.8bpをつけた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、ポルトガルの信用格付けについて、欧州連合(EU)の安定・成長協定順守に向けた同国の2010年以降の取り組みを見極めてから、格下げを行うかどうかを判断することを明らかにした。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ポルトガル政府の最新の財政見通しは今後の困難な課題を示していると指摘した。
*****************************************************************************************


こんな状況でもユーロ円の手動トラリピはなかなか頑張ってくれております。
ですが想定レートのすでに下限付近にきており、運用が滞る危険性が出てきました。
想定レートの下限に達したときは、おそらく放置プレイになりそうです。
もうそろそろ反転してくれないですか?

手動トラリピ運用状況はこんな感じ。
FX業者:FXブロードネット
使用通貨:EUR/JPY(ユーロ円)
注文間隔:50銭間隔で売り・買い両建て 決済も50銭に設定
想定レート:124円~134円
注文単位:1/11~15まで1000通貨、1/18から2000通貨単位
運用資金:40万円(現在30万円のみ入金して運用)


1/27(水) 新規 7本約定 決済 5本約定 確定益 +5,158円
1/28(木) 新規 6本約定 決済 6本約定 確定益 +6,184円
お試し豪ドルトレード 80.00円×2000通貨⇒81.60 +3,249円
ユーロ円の手動トラリピ運用(1/11開始) 累計確定益+58,819円 含み損110,000円ほど

eurjpy0127-28.jpg

kakakuFXでのスワップ運用はEUR/RONのポジションを決済したこともあり、1日500円~600円程度のスワップで運用は縮小傾向です。
ようやくEUR/RONのスワップが戻ってきたようですね。
200円を超えてきたので、レートが4.2000を超えてくれば運用を考えたいと思います。

いい形で1月を終えたいですね!


【FXトレーディングシステムズ】のFXブロードネット
手動トラップトレードには最適と思われるFX業者です。私も使用中でキャッシュバックもありです!

リスクがあると、行き着くのは円買いなのですかねぇー

こんにちは。べっくせいです。
本日も訪問ありがとうございます。

昨日(1/26)のユーロ円の手動トラリピですが、相場が結構動いたこともあり確定益がたくさんでました。

1/26(火)新規 10本約定 決済 9本約定 確定益 +9,366円
ユーロ円の手動トラリピ運用(1/11開始) 累計確定益+47,477円

想定レート内にいる間は順調そのものです。
ですが、ユーロ円の日足を見るとここ直近の下値を抜けており、下値を試しにいく気マンマンのようです。

しかし為替相場は最近いろいろな問題をかかえていますねー

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!

・中国で一部銀行での預金準備率引き上げ指示があり、リスク回避のドル買い・円買い
・オバマ大統領の金融規制案により、リスク回避の円買い
・ギリシャの財政懸念によるユーロ売り

最近こういった問題があちこちから出てきて、為替相場や株式市場は振り回されている感じです。
でも何か問題があるとほとんどが円高に動くので、クロス円がいかに危険な通貨ペアかということにもなるかと思います。

なぜS&Pで日本の格付けがネガティブに引き下げられても、朝鮮半島でミサイル発射などのいざこざがあってもたいして円売りにならないのか不思議にも思います。

ですが現実は円買いに動いているのでそれについていくしかないですねー


昨日からDMMFXのバーチャ口座で、ランド円のスワップ運用買い+ユーロ円のヘッジ売りを始めました。
ランド円20万通貨を買って、ユーロ円を2万通貨売っています。
1日のスワップは27円×20万通貨-15円×2万通貨=510円です。

相関関係が高ければ、どちらかがプラスになればもう片方はマイナスになるのですが、現在どちらもプラスです(笑)
だいたい合成EUR/ZARの2万通貨売りと同じポジションなので、為替レートの変動はそれほど大きくないのではないかと思っています。
しばらく様子見です。

今晩はFOMCがありますね。
個人的にはそろそろ円安トレンドになってほしいです。


■フォーランドフォレックス新規注文受付停止

FX業界1.2を争う高いスワップを提供していたフォーランドフォレックスで、新規注文が出来なくなっています。
期間限定のようですが、ランド円のスワップが急に少なくなったりと不穏な動きになっています。

私はフォーランドフォレックスの口座はもっていないので関係はありませんが、高スワップの人気業者なのでスワップ運用されている方も多いのではないでしょうか?
建て玉の縮小、いざと言うときのための撤退の準備はしておかれたほうがいいと思います。

これから8月のレバレッジ規制にかけて、FX業者の統合・淘汰、サービスの低下が予想されます。
私はFXはこれからもずっと続けていくつもりなので、現実をしっかり認識し対策を考えて行きたいと思います。

■追記

現在の状況では2/1からのカバー先変更の際にカバー先から要求されている証拠金が不足しているために、明日1/28 9:00で現在のポジションが強制決済になる可能性が高いようです。

私はたまたま運用していませんでしたが、フォーランドで運用されている方の気持ちは察します。
冷静に考えて対応するしかないようです。


【FXトレーディングシステムズ】のFXブロードネット
手動トラップトレードには最適と思われるFX業者です。私も使用中でキャッシュバックもありです!

これからクロス円だけのスワップ運用はできるのか?

こんにちは。べっくせいです。
本日も訪問ありがとうございます。

現在、FXブロードネットでユーロ円の手動トラリピ運用とkakakuFXでマイナー通貨のスワップ運用を行っています。

先週はユーロ円がかなり売り込まれていたのですが、今週は128円台まで戻しています。
だいぶ手動トラリピの想定レート中央に戻ってきたのでホッと一息です。

昨日の手動トラリピは4本の決済注文が約定しました。
1/25(月)新規 4本約定 決済 4本約定 確定益 +4,038円
週始めとしてはいいスタートではないでしょうか?

さて記事タイトルのことですが、私のブログを見ていただいている方はスワップ派・長期投資派の方が多いと思います。
で、これからの運用でクロス円のみのスワップ運用というのは考えていますか?ということです。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加してます。更新の励みになるので応援してくれるとありがたい!

いろいろな考えの方がいらっしゃると思いますが、現在の私にはクロス円のみのスワップ運用は考えられません。
ですが、私もリーマンショック前の時点(2008年の夏頃)ではクロス円でのスワップ運用しか考えていませんでした^^;

現在は一連の金融危機で各国の政策金利が軒並み引き下げられ、スワップ派は死語になりかけていましたがオーストラリアが先人を切って利上げモードに入っています。
今年の夏以降になれば、アメリカにも利上げ観測が出てくる可能性があります。
来年・再来年になればスワップ派が復活してくるかもしれないです。

リーマンショック前、私はランド円のスワップ運用を行っていました。
平均レートは17.00円ほどでスワップもたくさんあって、ほんと順調でした。
金融危機がおこる前までは^^;

もちろんランド円はその当時はマイナー通貨だったのである程度の為替変動は想定していて、10円までは耐えれる証拠金を用意していたのです。
ですが、無常にもランド円はあっさり10円を割り込み、一気に7円台に・・・
ランド円投資は破滅しました。

昔話はこれくらいにしておいて、例えば現在ランド円を10万通貨のスワップ運用をしようとした場合、どれくらいの資金が必要だと思いますか?

現在のランド円のレートが12.00円ほどですから、リーマンショック時の最安値が7.6円位ですので
私の考えでは最低50万円は必要と思います。
ではEUR/ZARを1万通貨売るポジションを持つのに50万円は必要でしょうか?

おそらく30万円もあればいいのではないでしょうか?
もちろん未来の為替相場がどうなるかは分かりませんので、何も確証はありません。
あくまでも確率論です。
ランドだけが急落するかもしれません。

50万円でZAR/JPY10万通貨を保有するのと、50万円で合成EUR/ZARを1万通貨保有するのではどちらがロスカットになる可能性が低いかということです。
私は後者のほうがロスカットの可能性は低いと考えていますので、そちらを選択します。

大切なお金ですので、よく考えて投資したいと思います。


業界最高水準のスワップが魅力!キャッシュバックもあり!
合成EUR/ZARのスワップ運用におすすめ!
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
主要通貨・為替レート
外為オンラインブログパーツ
政策金利一覧表
fx
SAXO系スワップ金利
fx
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング
最新トラックバック
FC2カウンター
FX運用損益
2009年5月まで
マイナス250万ほど
2009年
5・6月+27,957円
7月+20,459円
8月+54,620円
9月+61,406円
10月+65,077円
11月+70,382円
12月+85,053円
合計+384,954円
2010年
1月+167,163円
2月+146,532円
3月+194,393円
4月+128,486円
5月+256,863円
6月+61,720円
7月+87,515円
8月+116,285円
9月+119,757円
10月+81,596円
11月+104,700円
12月+77,643円
合計+1,679,781円
プロフィール
こんにちは。「べっくせい」です。 30代半ばの♂です^^; FX暦は4年ほど。 2008年10月のサブプライム危機で壊滅的なダメージを受けました。損失額は約250万円。 絶望感に打ちひしがれましたが、2009年5月に仕事で貯めた資金約30万円で再スタート! 現在約200万円で運用!

Author:べっくせい
FC2ブログへようこそ!

おすすめFX業者一覧
FXブロードネット
1000通貨単位で手数料無料!スワップ金利も高水準!
手動トラリピには最適のFX口座!
5000円キャッシュバックもあり!
kakaku FX
RON(ルーマニアレウ)やRUB(ロシアルーブル)、MXN(メキシコペソ)などのマイナー通貨を含む150通貨の取引可能!
私のスワップ用メイン口座
DMM FX
最大レバレッジ50倍でスプレッドも業界最狭水準!
しかも最高水準のスワップポイント!
高金利通貨のスワップポジ+低金利メジャー通貨のヘッジ売り運用に最適!
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(メタトレーダー4)
1000通貨単位、手数料無料で取引可能!
EA(エキスパートアドバイザー)を利用すれば自動売買(自動トラリピ)も可能です!またEUR/DKKを含む42通貨ペアが取引可能になりました!
スポンサー広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

美女為替